活動報告ブログ

2019年度から活動報告をブログ形式で書きます

ブログ一覧

第6回通常総会

2020年6月14日

喜多方市厚生会館第3研修室で第6回通常総会が開催されました。

2019年度活動報告、各決算報告、監査報告について

承認されました。

引き続き2020年度の活動方針、活動予算について、

さらに定款の改正について、新たに法人正会員等の会費額の決定について、

今後の中・長期方針の策定について、役員改選について審議され

承認されました。

また、2020年度の活動として

日中線跡地11.6kmをドローンによる空撮を実施し、

サンプル動画(しだれ桜散歩道3km)を

参加のみなさんと鑑賞しました。

ドローン撮影 山本健一氏 山本氏Youtubeチャンネル「santa kinako」

なお、本編はナレーション入りで編集中です。

お楽しみに♪♪

しだれ桜植樹地石拾い

2020年4月26日(日) 

5月中旬の草刈り作業がスムーズに行われるように

第1次植樹地(上三宮1区)の石拾いを行いました。

植樹地のしだれ桜はそれぞれ見頃だったり

咲き終わりだったりと咲く時期が違うようです。

管理人のひとりごと…

4月26日は唐橋東氏(元喜多方市長・理事長の父)の命日でした。

2006年のとある日、東先生ご自身から、

「パソコンで分からないところがあるので教えてほしい」と電話がありました。

お伺いすると「どうしても自分でやりたいのに息子や孫は代わりにやってあげると言って教えてくれないから教えてほしい」との依頼でした。

なぜなのかなーと思いました。

数回お伺いして

書いた文章がうまく入力できないから見てほしいとのことで

教えるためには内容を見ないとわかりませんから

内容を見てハッとしました。

それは東先生ご自身の告別式の式次第でした。

当時92歳。

「私より先に一夫君(私の義父)が逝ってしまった。頼める人が次々と逝ってしまう。そうなると喜多方に住んでいない息子(理事長)がどうしたらいいか困るだろうから作っておくんだ。誰にも言ってはならん。」と言われました。

その作業が終わっても頻繁にお呼びがかかり、

お伺いすると必ず東先生と奥様と3人でのお茶の時間が楽しくて

いろいろなお話を聞くことができました。

そんなことを思い出した日でした。

しだれ桜植樹地施肥作業

3月1日(日)・2日(月) 二日間にわたり

第1次植樹地(上三宮)から夢の森まで

これまで植えた175本全てのしだれ桜に施肥を行いました。

寒い時期にやらないといけない作業ですので

風が冷たい中、しだれ桜のオーナー様や

小さなお子さんもお手伝いしてくださり

順調に作業することができました。

ありがとうございました。

しだれ桜管理の座学と実践を開催しました

11月18日(月) 「しだれ桜管理の座学と実践」を開催しました。

午前中は、上三宮遊樹館で樹木医の鈴木俊行先生の講義を受け

午後は植樹地に移動し、実際に剪定や切り口に薬を塗ったり

施肥の方法を実演していただき教わりました。

鈴木先生は「四季を通してしだれ桜を見てください」とおっしゃっていました。

「樹はしゃべらないけど生きている」という言葉も心に残りました。

唐橋理事長のあいさつ
樹木医の鈴木俊行先生
剪定の方法を説明
参加者のみなさん
植樹地での剪定の説明
剪定後はすぐに薬を塗る!
鈴木先生と唐橋理事長(植樹地風景)
施肥